転職成功の秘訣

知財業界専門の転職エージェントだからこそわかる、弁理士・特許技術者や知財部員、特許翻訳者等、知財業関連職種にて転職を成功させるための秘訣を一部公開しています。知財キャリアセンターでは業界専門のコンサルタントがあなたの転職をサポートいたします。

特許事務所の求人で求められること|弁理士・特許技術者編(2)

特許事務所の弁理士・特許技術者向け求人において採用者が候補者にどんなことを求めているのか、実際に特許事務所の所長様や採用担当者様から要望を聞く立場にある転職コンサルタントが特許事務所の求人で求められることをまとめました。弁理士・特許技術者編(2)では、求職者を経験者と未経験者にわけ、それぞれに求められることについて整理します。

Facebook広告用画像3

 

経験者と未経験者を分ける経験とは

経験者、未経験者といいますが、そもそもなんの経験をもって経験者と未経験者をわけるのでしょうか。すでに特許事務所で働いている方はご存知だと思いますが、企業の知的財産関係の部署など特許事務所以外で知的財産に関わる仕事をしている方やそもそも特許や知的財産の仕事に馴染みのない方にはわからない方もいらっしゃるかと思います。

続きを読む


Facebook広告用画像3

特許事務所の求人で求められること|弁理士・特許技術者編(1)

特許事務所の弁理士・特許技術者向け求人において採用者が候補者にどんなことを求めているのか、実際に特許事務所の所長様や採用担当者様から要望を聞く立場にある転職コンサルタントが特許事務所の求人で求められることをまとめました。弁理士・特許技術者編(1)では、求人背景、特に求人の緊急度による求職者に求められることを整理します。

Facebook広告用画像3

 

特許事務所が求人を出す理由から読み解く候補者に求められること

どんなことにもその理由があるものですが、特許事務所が弁理士・特許技術者の求人を出す際にももちろん理由があります。特許事務所が求人を出す理由、その事務所の置かれている状況はそのまま特許事務所が応募者に求めることにつながります。もし分かるなら把握しておきましょう。

続きを読む


文系出身で特許・知財業界へ入られた藤本周一様のキャリア観

国内大学卒業後、米国フロリダへ留学。その後、特許調査・解析等を行う株式会社ネッ トスにて国際担当マネージャーとして活躍され、現在は株式会社ネットス代表取締役社長でいらっしゃる藤本周一様にご自身のキャリアや特許・知財業界で働いていくことについて伺いました。

続きを読む



弁理士・知財職のキャリアパス(転職編)ざっくりまとめ。

Facebook広告用画像3

弁理士・知財職の方のキャリアパスにおける、転職・中途採用の際の転職先と転職元・重視されるスキルについて簡単にまとめてみます。

比較的多く見られるケースをまとめているもので、必ずしも下のケースに当てはまらない場合もございますし、当てはまらない方の転職支援をしうまく行ったケースもございます。また、ここでは紹介していないポジションもございます。

かなりざっくりとまとめておりますので、細かなことにつきましては個別のケースの紹介の際にご説明できればと思います。

あくまで一つの参考としてご覧いただければと存じます。

続きを読む


特許事務所の弁理士・特許技術者向け求人と転職エージェントの利用について

Facebook広告用画像3

 

弁理士や特許技術者が転職の際に転職エージェントを利用したほうが良いのでしょうか。

ここでは特許事務所における弁理士・特許技術者の求人を3つの類型にわけ、それぞれについて求人側、求職側双方の観点から転職エージェント・人材紹介会社利用する意味、利用したほうが良いかどうかについて考えてみます。

 

続きを読む


特許制度調和とグレースピリオド

「特許制度調和に関する国際シンポジウム」が7月10日に開催されました。このシンポジウムでは国ごとに制度の差が大きい4つの項目「グレースピリオド」、「18ヶ月全件公開」、「衝突する出願の取り扱い」及び「先使用権」について2013年に行われたユーザー調査及びラウンドテーブルのまとめに基づいた報告がなされました。ここではそのうちのグレースピリオドについての論点をご共有できればと思います。

続きを読む


NTT Docomo Inc vs The Assistant Controller Of Patents and Designs & Others.

三好内外国特許事務所様で行われたインド特許実務の最新動向セミナーを拝聴してまいりました。

インドでのエグゼキューション業務の概要、PCTからの移行の際のコツや訴訟周りの制度の概観など基本的な実務回りの知識を共有頂きました。また、最近のインドの知財周りの状況の改善について判例をあげて解説いただきました。

ここでは今回の講師のVadehra氏が「歴史的」と言及していた判例のひとつを紹介いたします。

続きを読む


出産後、弁理士・特許事務員として再就職するのは難しいですか?

知財・特許業界での女性のキャリアについていくつかの事務所さんからお話を伺った内容についてレポートいたします。特に出産や育児前後の働き方についてどのような現状なのか、私の見た範囲ではありますが例としていくつかのケースを紹介いたします。

続きを読む


アップルvsサムスン知財高裁大合議事件が投げかけるもの

米国アップル社(以下、アップル)と韓国サムスン電子(以下、サムスン)が世界中で特許訴訟を繰り広げていることは皆さんご存知でしょう。米国カリフォルニア州の連邦地裁は今年5月2日、サムスンに対して約1億2千万ドル(約122億円)の賠償金をアップルに支払うように命じる評決を出しました。この事件は、サムスンのGalaxy端末がアップルのiPhoneのデザインを真似たものであるとして損害賠償を求めたものでした。

続きを読む