特許技術者|知的財産関連の職種解説

特許技術者は他の発明との比較検証が必要なため、非常に深い専門知識が必要です。

常に新しい技術と向かい合うため、知的好奇心と向上心も持ち続ける必要があります。特許技術者は自らの専門知識を生かし、どこが発明の発明たる所以なのかを見つけ出し、権利に不足や抵触が出ないよううまく文章に落としていきます。同じ発明でもこの特許技術者の明細書の書き方一つで、特許権の及ぶ範囲が大きく変わってきます。キャリアパスとしては、特許技術者として実務経験を積み、弁理士試験合格→弁理士が考えられます。

知財キャリアセンターでは特許技術者をはじめとした知財・特許業界の転職をサポートしています。適切な実務環境で知財・特許業界でのキャリアを築いていけるよう全力でサポートいたします。無料転職サポートへの登録はこちらから。 ※求人状況等によってご紹介できない場合がございます。

 


完全無料!専門コンサルタントによる無料サポート

業界未経験でも安心の
手厚いサポート

知財業界における効果的なアピールの仕方のアドバイスや、書類指導、面接対策などのサポートを、特許事務所や企業知財部に精通している専門のコンサルタントから受けられます。費用は一切かかりません。知財業界未経験の方や、転職が初めての方も安心してご利用いただけます。

[無料] 転職コンサルタントに相談する

未経験者からベテランまで
あなたに合わせた求人をご案内

「知財キャリアセンター」には公開されている求人だけではなく、非公開求人や「知財キャリアセンター」にだけ知らされている独自の求人など、特許事務所や企業知財部との強いコネクションを背景とした求人が数多くございます。その中からご希望やご経歴に合わせた求人をご紹介いたします。

[無料]非公開求人紹介に申し込む