企業知財担当者|知的財産関連の職種解説

企業知財担当者は特許をはじめ、企業における知財業務全般を行う人のことです。

主な業務は、出願の段階では、発明発掘、先行技術調査、特許出願対応、中間処理対応、外国出願対応、商標・意匠出願対応。特許権利化後は、ライセンス契約交渉、クロスライセンス契約交渉、各種審判、権利係争問題に関する書類作成などを行います。

発明を発掘する上では、製品を理解する専門的な知識は必須となります。また、新しい技術が生まれたり、分野同士の融合するなどがありますので、常に専門技術に対して知見を広げていく必要があります。

知財キャリアセンターでは企業知財担当者をはじめとした知財・特許業界の転職をサポートしています。適切な実務環境で知財・特許業界でのキャリアを築いていけるよう全力でサポートいたします。無料転職サポートへの登録はこちらから。 ※求人状況等によってご紹介できない場合がございます。

完全無料!専門コンサルタントによる無料サポート

業界未経験でも安心の
手厚いサポート

知財業界における効果的なアピールの仕方のアドバイスや、書類指導、面接対策などのサポートを、特許事務所や企業知財部に精通している専門のコンサルタントから受けられます。費用は一切かかりません。知財業界未経験の方や、転職が初めての方も安心してご利用いただけます。

[無料] 転職コンサルタントに相談する

未経験者からベテランまで
あなたに合わせた求人をご案内

「知財キャリアセンター」には公開されている求人だけではなく、非公開求人や「知財キャリアセンター」にだけ知らされている独自の求人など、特許事務所や企業知財部との強いコネクションを背景とした求人が数多くございます。その中からご希望やご経歴に合わせた求人をご紹介いたします。

[無料]非公開求人紹介に申し込む