知財業界でグローバルに活躍するには?

知財業界でグローバルに活躍するにはどうしたらよいか、現役で活躍されている弁理士の方にお伺いしました。

 

企業知財部であれば輸出企業に入り、特許事務所であれば外国出願を多く扱っている事務所に入るのが良いと思います。「国際特許事務所」が外国出願を多く扱っているとはかぎらず、また単なる「特許事務所」でも外国出願を扱っているところはたくさんあります。

英語力は、特許事務所であれば主に読み書きの力が求められ、企業知財部であれば読み書き+会話力が求められるでしょう。

 

海外でのお仕事

企業知財部に就職して海外赴任するケース、特許事務所から提携先の外国事務所に派遣されて駐在するケース、海外の企業や事務所に就職するケースなど、いくつかのパターンがあります。海外の法律事務所や特許事務所に就職する場合、日本の企業や特許事務所から紹介されて転職するケースが多いと思います。英語力に加えて、希望する国の特許制度や法律を学んでおくことで道が開けるはずです。以下のサイトで、世界中の国の知的財産法を日本語で学ぶことができます。

外国産業財産権制度情報|特許庁


完全無料!専門コンサルタントによる無料サポート

業界未経験でも安心の
手厚いサポート

知財業界における効果的なアピールの仕方のアドバイスや、書類指導、面接対策などのサポートを、特許事務所や企業知財部に精通している専門のコンサルタントから受けられます。費用は一切かかりません。知財業界未経験の方や、転職が初めての方も安心してご利用いただけます。

[無料] 転職コンサルタントに相談する

未経験者からベテランまで
あなたに合わせた求人をご案内

「知財キャリアセンター」には公開されている求人だけではなく、非公開求人や「知財キャリアセンター」にだけ知らされている独自の求人など、特許事務所や企業知財部との強いコネクションを背景とした求人が数多くございます。その中からご希望やご経歴に合わせた求人をご紹介いたします。

[無料]非公開求人紹介に申し込む