職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方についてよくある質問についてお答えしました。弊社の無料転職サポートサービスでは職務経歴書の添削や、書き方指導なども行っております。興味のある方はご登録ください。

Q:枚数はどれくらいがいいですか?

 

A:経験にもよりますが、1~2枚程度が一般的です。

むやみに長いものは好まれませんが、逆にあっさりしすぎていてもよい印象を受けません。あなたが関わった仕事を具体的に、かつ簡潔にまとめることを心掛けましょう。

 

Q:定型フォーマットとかはありますか?

 

A:職務経歴書は基本自由フォーマットですが、あまり凝ったものは好かれません。企業、事務所は膨大な量の履歴書、職務経歴書に目を通しますので、読みやすい物、一読してあなたに興味が持てるような内容のものが良いと思います。

 

Q:手書きとパソコンはどちらがいいですか?

 

A:パソコンで作成(A4用紙に横書き)が基本です。

修正が容易ですし、読む側も読みやすいので好まれます。

パソコンで作成する場合、フォントはMS明朝体、級数は10.5で書くようにしましょう。

 

Q:写真・捺印は必要ですか?

 

A:職務経歴書に写真を貼る必要はありません。写真は履歴書に貼りましょう。捺印についても同様です。

 

Q:英文の履歴書・職務経歴書は必要ですか?

 

A:英語を使用する業務を希望される方、外資系企業を希望される方は、日本語の履歴書・職務経歴書と英文履歴書(英文レジュメ)の両方を作成してください。最近は多くの企業(事務所)で、日本語・英語の履歴書両方の提出を求める企業が増えております。

完全無料!専門コンサルタントによる無料サポート

業界未経験でも安心の
手厚いサポート

知財業界における効果的なアピールの仕方のアドバイスや、書類指導、面接対策などのサポートを、特許事務所や企業知財部に精通している専門のコンサルタントから受けられます。費用は一切かかりません。知財業界未経験の方や、転職が初めての方も安心してご利用いただけます。

[無料] 転職コンサルタントに相談する

未経験者からベテランまで
あなたに合わせた求人をご案内

「知財キャリアセンター」には公開されている求人だけではなく、非公開求人や「知財キャリアセンター」にだけ知らされている独自の求人など、特許事務所や企業知財部との強いコネクションを背景とした求人が数多くございます。その中からご希望やご経歴に合わせた求人をご紹介いたします。

[無料]非公開求人紹介に申し込む