知財セミナー・イベント情報2014

知財・特許に関するセミナー、イベント情報です。

6月7月8月9月10月11月

掲載を希望される方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

2014年
6月
6/24 米国特許権の行使を受けた場合の対応と海外特許戦略
★企業での実務経験豊富な講師が贈る「実用的」かつ「リアルな」セミナー!
★大きなリスクを伴う米国特許権の行使を受けた際の、適切な対処法、米国弁護士との付き合い方、社内管理体制などを最近のトレンドを交えながら詳説。
★また、それを踏まえた上での海外特許戦略についても解説致します。
(株)情報機構 東京
6/24 はじめての特許
特許情報の入門講座。特許公報の読み方(開発技術者向けの速読のポイントもあります)から、特許調査の局面、特許調査の種類、特許調査のあり方・特許情報の分析の仕方までを詳しく解説。(特許公報の読解から速読法、特許情報分析の実習があります。)
日本パテントデータサービス(株) 大阪
6/25 インド特許実務最新動向セミナー
インド市場の重要性が益々増大する一方、インド市場に流通する製品を法的に保護するインド特許の重要性も益々増大しています。この度、インド特許実務に関する多数の著作物の著作者として、また、多数の講演会の講師として著名なシャラード・バデーラ弁護士・弁理士が来日されますので、この機会を利用してインド特許実務・判例に関する最新情報について講義して頂くことにいたしました。今回のセミナーでは、日頃インド実務について疑問に思われている点について、バデーラ弁護士に直接質問することができます。
三好内外国特許事務所 東京
6/25 米国特許出願・中間処理の実務
本セミナーでは、権利化の重要なフェーズにおける米国特許実務の勘所を解説します。米国特許商標庁からの実際のオフィスアクション、MPEP(審査便覧)、判例を参照しながら、実務のポイントを総整理します。例題を解きながら、すぐに役立つ知識が習得できます。
米国特許実務に携わって間もない方はもちろん、ベテランの知財担当者の方にもお勧めいたします。
前田特許事務所 大阪
6/25 はじめての特許調査(Ⅰ)
特許情報の入門講座。特許公報の読み方(開発技術者向けの速読のポイントもあります)から、特許調査の局面、特許調査の種類、特許調査のあり方・特許情報の分析の仕方までを詳しく解説。(特許公報の読解から速読法、特許情報分析の実習があります。)
日本パテントデータサービス(株) 大阪
6/26 オリンピックと知財~2020年に向けての商標・ブランド・技術戦略を考える
オリンピックのような国際的スポーツイベントは、ブランド・コンテンツのみならず、技術開発とのかかわりも深く、知的財産分野においても幅広い視点からの議論が重要です。
そこでシンポジウムでは、スポーツイベントや関連ビジネスのマネジメントに携わっている有識者らをお招きして、講演およびパネルディスカッションを行います。オリンピックと知的財産について、幅広い視点から論点の抽出を行い、議論を進めてまいりたいと思います。
(社)日本知財学会 東京
6/26 URA対話集会~URAの現状と課題
全国でURA(注)を設置する大学が増えている。URAは大学研究者を支援することを主業務としているが、そこにはほぼ必然的に産学連携に関わる事柄が発生する。
そのため、全国の産学連携関係者が集まる産学連携学会第12回大会の機会に、URAの現状と課題に関して、産学連携の視点から対話することはURAおよび産学連携関係者双方にとって極めて有意義である。合わせて、URAが現状と課題を共有することは、各URAの今後の業務において非常に有用なものとなる。
産学連携学会 長野
6/26 イノベーション・マネージャー人材育成セミナー
ライフサイエンスベンチャーの草分け的存在である、カルナバイオサイエンス株式会社社長の吉野公一郎氏をお迎えし、バイオサイエンス分野でのベンチャー設立に関するノウハウについてご講義いただきます。
大阪市立大学 大阪
6/26 最新の制度改正を反映 – 海外の特許制度と実務上の留意点(米国・欧州(EPC)・中国)
近年増加の一途を辿る海外での特許取得にあたって学んでおきたい基本的な知識を理解しましょう。
本講座では、パリ条約・PCT(特許協力条約)等の国際条約の特徴やメリットについて説明を行った上で、米国ならびに EPC、中国の各特許制度やその特許取得手続について、日本の特許制度との対比を示しつつ、日本の出願をベースに海外で効率的に権利化できるよう、分かりやすく解説します。
(社)発明推進協会 東京
6/26 前田知財塾 ~実務基礎編~「経営と知財」
『前田知財塾-実務基礎編-』は、一般的なセミナーと異なり、少人数のゼミ形式で講義が進行し、受講者同士や講師がキャッチボール形式で問題事例に取り組むことで、真の知財スキルを身に付けることができるセミナーです。また、受講生同士の交流の場としても活用して頂くことができます。実務基礎編では、経営者、知財未経験の技術者の方を対象に、企業経営における知財の重要性をご理解頂くとも共に、各制度を分かりやすく解説いたします。
前田特許事務所 東京
6/26 はじめての特許調査(Ⅱ)
特許情報検索の入門講座。特許調査の種類ごとに検索手法、ポイント、全文検索中心のキーの選定、特許分類の留意点を解説。技術動向調査、侵害予防調査での検索を実際に体験していただきます。
日本パテントデータサービス(株) 大阪
6/27 商標権侵害の回避と否定の理論と実務~「商標の類似」と「商標の変更」
商標権侵害の要件 、商標の類似に関する基本判決 、商標を変更した会社の事例について説明 し ます。そして、 本講座のクライマックスとして、どのように商標を変更すれば侵害になり、または、侵害にならないかにらいて、 黒 、白、灰色に分けて、最新の裁判例に基づき解説します。
(社)大阪発明協会 大阪
6/27 JP-NETの実践的活用法
研究者のニーズによる研究者の目線から、特許公報の選別作業や分類選定などの実務作業に役立つ様々な機能の有効活用法をPC実習によって体験して頂きます。(実習では想定事例による調査のステップを追ってご紹介します。)
日本パテントデータサービス(株) 大阪
6/30 デジタル時代の新たな著作権法
各国の最新動向とその意義をいちはやくお伝えするとともに、我が国著作権法への示唆を探ります。
(財)ソフトウェア情報センター 東京
6/30 第1回 輸入ビジネスとはじめての知的財産
有名ブランド商品の「並行輸入」は人気商品を割安で仕入れることのできるビジネスのように思われますが、実は法的には、あまり一般には知られていないある3つの要件を満たす必要があるのです。
しかし、裁判例で示されたこの3要件に関する理解が不十分なために、輸入事業者と商標権者などとが裁判で争う例は少なくありません。
どのような商品の何が争点となるのか、真贋について輸入者はどこまで確認する義務があるのかなど、並行輸入にまつわるリスクを理解するためにさまざまな裁判例を眺めることは極めて有効です。
そこで今回、この分野がご専門の高橋弁護士をお招きし、まず知的財産権とは何かといった基礎的な知識を体系的に説明いただきます。またさらに、身近な商品で起こった実際の裁判事例をご紹介し、トラブル予防のポイントを、楽しくわかりやすく解説いただきます。
この機会に是非ご参加下さい。
(財)対日貿易投資交流促進協会 東京
7月
7/1 これだけは押さえておきたい!!著作権の基礎知識
著作権は、創作した時点で自動的に権利が発生するという点で、登録により権利が発生する特許などの産業財産権とは異なります。ホームページや商品カタログ、研修テキスト等の著作物を利用する機会が増加する一方で、著作権侵害等も増加しています。トラブルに巻き込まれた後「知らなかった…」では済まされません。そこで今回は、著作権制度や著作権契約のポイントなど、これだけは押さえておきたい著作権の基礎知識について、判例を交えながら分かりやすく説明します。
東京都知的財産総合センター 東京
7/1 トムソン・ロイター IPソリューションズ アップデート2014(東京)

過去1年間でのThomson Innovation®の開発状況及び今後のロードマップに加えて、Derwent World Patents Index®(DWPI)を最大限に活用したテクノロジーロードマップや、Thomson Innovationを用いた特許調査の活用例など、より多面的な事例をご紹介します。

トムソン・ロイター・プロフェッショナル(株) 東京
7/1 「先進企業の特許に学ぶ」~サービス、製品開発のヒントに!~第5回アップル
第5回「先進企業の特許に学ぶ」は、スマホの先駆者アップルを採りあげ、同社の特許から米国のテクノロジー関

連誌で話題になったものをピックアップしました。やはり、スマホベースのアイデアが多く、ITベンチャーでスマホアプリに注力されている皆さんのサービスや製品開発のヒントとして必聴の講義になると思います。

日本IT特許組合 東京
7/2 職務発明規定変更及び相当対価算定の法律実務
本セミナーにおいては、改正動向も踏まえ、就業規則の変更法理及び労働協約による労働条件の不利益変更を巡る議論なども参照し、「相当の対価」の算定方式、職務発明規定の変更手続及び相当対価の算定手続等について可能な限り具体的考察を行います。
(社)経済産業調査会 東京
7/2 はじめての特許
企業活動と知的財産の入門講座。企業における知的財産の役割、知的財産活動の概要、知的財産の基礎知識、特許情報の活用などを網羅したセミナーです。
日本パテントデータサービス(株) 東京
7/3~(全3回) 書いてみよう!発明提案書のまとめ方セミナー
本セミナーでは、実務経験豊かな弁理士を講師に迎え、中小企業で研究開発や知財管理に従事される方を対象に、発明の本質の捉え方、特許明細書の読み方や、発明提案書の書き方などについて、グループによる事例演習などをまじえ、実践的・具体的に説明します。
東京都知的財産総合センター 東京
7/3 知財コンサルティングに役立つ「知財情報戦略講座」上級①~中小企業解析
本講座では、費用対効果の高い独自知財情報戦略手法(山内メソッド)を目的別に豊富な事例を交えて紹介します。
山内メソッドは、特許保有件数が少ないため解析不可能と目されてきた中小企業にも適用可能な画期的手法であり、知財情報戦略論の骨子を成すばかりでなく、様々な目的の案件実践を通じて日々進化を遂げています。
コスモ塾 東京
7/3 英文知財契約書作成実務
本講座では、数多くの特許侵害訴訟事件での交渉と契約を経験した講師が、米国訴訟を事例に実務的な英文契約書作成を実習によって学びます。
日本パテントデータサービス(株) 東京
7/3 特許情報検索法(無効資料調査)
本講座では、調査範囲探索のテクニックを中心に「説得力ある資料を探す手法」を調査のプロが丁寧に解説します。
日本パテントデータサービス(株) 東京
7/4 特許情報調査セミナーin秋葉原(台湾特許検索編)

ものづくりやサービス提供を実施するにあたり、特許、実用新案、意匠、および商標など関連する特許情報を調査することが重要です。特許電子図書館(IPDL)をはじめ各国の検索システム(データベース)を用いてこれらの特許情報を調査するのに有用な考え方を「特許情報調査セミナー」の中で体系的に解説します。各セミナーにおいては、講師とともにご自身でパソコンを操作しながら学習していただきます。

東京都知的財産総合センター 東京
7/4 トムソン・ロイター IPソリューションズ アップデート2014(大阪)
過去1年間でのThomson Innovation®の開発状況及び今後のロードマップに加えて、Derwent World Patents Index®(DWPI)を最大限に活用したテクノロジーロードマップや、Thomson Innovationを用いた特許調査の活用例など、より多面的な事例をご紹介します。
トムソン・ロイター・プロフェッショナル(株) 大阪
7/4 最新のクレーム解釈
ここ近年の知財高裁等の裁判例を通して、クレーム解釈に関する裁判所の判断の傾向と明細書作成上の注意点について詳細にご説明して頂きます。是非、この機会に多数のご参加をお待ちしております。
(社)経済産業調査会近畿本部 大阪
7/6 知的財産管理技能検定 第18回 (指定試験機関)知的財産教育協会 全国19地区
7/8 ノウハウ管理セミナー~営業秘密の保護と管理のポイント
本セミナーでは、営業秘密として認められるための要件、法による保護の内容及び営業秘密の適切な管理の方策、秘密保持契約書のポイントなどについて、わかりやすく解説します。
 営業秘密の基礎を学びたい方、自社の秘密情報管理に取り組みたい方などは、ぜひ受講してください。
東京都知的財産総合センター 東京
7/8 資本提携・事業提携の順序・戦略について
今回は、日本企業の海外進出の潮流の中、現地企業との資本提携や事業提携などの際、知的財産権の保護など日本
企業が予め注意すべき事項や、その戦略についてのセミナーを開催いたします。
知的財産もさることながら、日本企業の海外進出を中心的な命題としていますので、知財部だけではなく、経営企
画部・法務部・海外事業部などの方々にも必ず有益なセミナーとなりますので、ぜひご参加ください。
サン・グループ(株)パトラ 大阪
7/8-9 化学特許調査の基礎と実践
化学分野の特許情報検索の本格的な実践講座です。化学特許は製法から用途まで幅広いため、正確な調査テーマの把握と適切な調査ツールの使い分けが重要です。本講座ではテーマ別に必要なキーワード・特許分類の抽出から適切な検索式の作成、検索結果の加工による活用法まで実習を通して学びます。
日本パテントデータサービス(株) 大阪
7/9 「下町ロケット」に学ぶ中小企業の経営戦略
経済のグローバル化、新興国の台頭、国内市場の縮小等、わが国企業を取り巻く環境はかつてない速さで変化し続けており、高度な技術を持っているだけでは世界で勝ち抜くことが困難な時代になりました。本講演会では、知財戦略の概要と技術を事業競争力につなげる方法について、2011年直木賞受賞作『下町ロケット』に登場する神谷弁護士のモデルとなった鮫島弁護士に、ご講演いただきます。
東京商工会議所・荒川支部 東京
7/9 大学院説明会&講義見学(意匠法令特論2)
本大学院へ入学を検討されている方はもちろんのこと、「弁理士」、「知的財産管理技能士」といった国家資格や知的財産業界に携わる方、あるいは興味をお持ちの方が対象となります。
当大学院の詳細や知財業界についてお聞きいただけると共に、リアルな講義風景もご覧いただける機会ですので、ぜひご活用下さい。
K.I.T虎ノ門大学院 東京
7/9 CRIC著作権シンポジウム2014 (社)著作権情報センター 東京
7/9 知財実務教育Ⅱコース
さんさんコンソ(中国地域産学官連携コンソーシアム)では、中国地域全体の知財スキルアップを
目指したセミナーを企画しています。
今回は、特許管理の実務に焦点を絞った中・上級知財教育セミナーです。知財に係わりのある方、
興味のある方は、是非ご参加ください。
中国地域産学官連携コンソーシアム 岡山
7/9 特許権侵害と先使用権の抗弁について
新年度の幕開けと共に、企業活動、特に特許権の活用戦略が重視されてきました。その影響下で、特許権の侵
害成否の見解を求められるケースが多発しています。
今回のセミナーは、特許権侵害成否の判断基準と、その抗弁権である先使用権について解説いたします。
先使用権の立証は、企業にとって非常に重要な意義があり、具体的立証法や立証資料等について予め用意して
おくことが重要です。今回のセミナーも、企業にとって必須のセミナーです。多数のご参加お待ちしております。
サン・グループ(株)パトラ 東京
7/9 知財コンサルティングに役立つ「知財情報戦略講座」上級②~定量的価値評価
知財経営との関連性の強い特許価値評価を容易ならしめる独自手法(山内メソッドプラス)をご紹介します。
コスモ塾 東京
7/9 事例に学ぶ特許侵害対応実践
企業活動における研究開発から製品販売の中で他社の特許権を考慮した事前の対応策が必須です。しかしながら、万全の準備をしていても、自社の製品に関連すると思われる「他社の特許権」を発見することもあり、反対に自社の特許権に関連すると思われる「他社の製品」を発見することも少なくはありません。本セミナーでは、このような場合に取るべき最良の方法とはどのようなものかを「特許権者側グループ側」と「製造会社側グループ側」に分かれて議論を行い、企業経験豊富な講師が解説を加えることで対応策とその考え方を学びます
日本パテントデータサービス(株) 東京
7/10~11 実践的インド特許務セミナー (株)サンガムIP 東京
7/10 特許制度調和に関する国際シンポジウム 特許庁 東京
7/10 化学分野の発明の捉え方、表現の技術と実践 日本パテントデータサービス(株) 東京
7/10 中国における侵害紛争に対処するための法的手続の実務 (社)大阪発明協会 大阪
7/11 特許情報調査セミナーin秋葉原(商標検索編) 東京都知的財産総合センター 東京
7/11 特許取得以外の業務にも注力し、知的財産部門を活性化しよう (社)経済産業調査会 東京
7/11 法体系の違いからみた外国商標出願入門 (社)発明推進協会 東京
7/14 非特許文献の調査方法入門-論文・雑誌の調査方法本セミナーでは、特許制度の利用か、ノウハウ秘匿による保護かの選択の着眼点を説明した上で、外国特許取得の方法、主要な国の特許制度の概要と国内特許制度との違いに関する留意点を解説し、併せてノウハウ保護で重要な先使用権における留意点にも言及します。 (株)情報機構 東京
7/14 ソフトウェアの特許セミナー 東京都知的財産総合センター 東京
7/15 知っておきたい!知らずに侵している著作権侵害~デジタル時代の知的財産管理 東京商工会議所・大田支部 東京
7/15 「新しいタイプの商標」制度のポイントと実務対策 (社)経済産業調査会 東京
7/15 知的財産権研修・本科コース体験研修②知的財産基本法と日本の知財戦略 (社)発明推進協会 東京
7/15 特許調査・アプローチの真髄 日本パテントデータサービス(株) 東京
7/16 特許情報活用のためのEXCEL講座 日本パテントデータサービス(株) 東京
7/17 第2回発明と音楽の集い (社)日本発明振興協会 東京
7/17-18 CRIC著作権ビジネス講座 (社)著作権情報センター 東京
7/17 米国特許クレーム作成ワークショップ2014 (社)経済産業調査会 大阪
7/17 知っておくべき模倣品対策~日中編 前田特許事務所 大阪・広島
7/17 他社特許の読み方と研究開発への活用手法 (株)情報機構 東京
7/17-18 特許調査実務講座(パワーアップ実践編) (社)発明推進協会 東京
7/18 特許情報調査セミナーin秋葉原(意匠検索編) 東京都知的財産総合センター 東京
7/18 <医薬品特許の無効資料収集・作成のための>非特許文献調査の手法・コツ・データベースと的確な結果分析・まとめ方 (株)情報機構 東京
7/18 事業戦略策定のための特許情報分析と評価 日本パテントデータサービス(株) 大阪
7/18 知的財産を侵害する物品の取締り最新事情! (財)対日貿易投資交流促進協会 東京
7/22 特許情報調査セミナーin秋葉原(韓国特許検索編) 東京都知的財産総合センター 東京
7/23 報酬請求権制度に関する検討 (社)著作権情報センター 東京
7/23 事業強化に役立つ発明創出プロジェクト実践 日本パテントデータサービス(株) 東京
7/23 中国語特許翻訳講座(中日翻訳-要約編) (株)知財コーポレーション 東京
7/24 実験結果から特許となる「発明」を抽出するスキル (社)広島県発明協会 広島
7/24 前田知財塾 ~実務基礎編~「特許」 前田特許事務所 東京
7/24 未来シナリオからの発明発想法 日本パテントデータサービス(株) 東京
7/24 日欧米三極における化学・バイオ・医薬系特許の戦略的な活用手法 (社)大阪発明協会 大阪
7/25 意匠の国際登録制度「ハーグ協定」と欧州、米国、中国等の意匠制度 (社)経済産業調査会 東京
7/25 前田知財塾 ~入門編~「企業活動と知財活動の関係」 前田特許事務所 大阪
7/30 外国実用新案活用セミナー~中国での活用を中心に 東京都知的財産総合センター 東京
7/30 自社ブランドへのチャイナリスクと戦うための中国商標戦略と模倣品対策 日本アイアール(株) 東京
7/30 米国ソフトウェア特許の取得及び権利範囲解釈上の注意点と、中国ソフトウェア特許に関する諸問題 (社)発明推進協会 東京
7/30 押さえておきたい「特許調査のキモ」 前田特許事務所 大阪
8月
8/1 意匠の類否判断と意見書の作成 (財)経済産業調査会 東京
8/5 著作権行政をめぐる最新の動向について (社)著作権情報センター 東京
8/5 中小企業にとっての意匠セミナー(基礎編) 東京都知的財産総合センター 東京
8/6 知財実務教育Ⅲコース 中国地域産学官連携コンソーシアム 岡山
8/6 新規事業開発~成功に必要なポイントとその具体的手順 (株)情報機構 東京
8/6 中国における医薬品の特許調査法とデューディリジェンス (株)情報機構 東京
8/7-8 特許権侵害紛争における攻防の実務 (社)発明推進協会 東京
8/7-8 裁判所・弁護士から見た特許権侵害訴訟の実務と最新動向 (社)大阪発明協会 大阪
8/8 平成26年度著作権セミナー 新潟県教育委員会 新潟
8/16~19 北海道大学サマーセミナー2014~最新の知的財産訴訟における実務的課題 北海道大学 北海道
8/19 中小企業にとっての意匠セミナー(実務編) 東京都知的財産総合センター 東京
8/20 知財を経営に活かすための戦略分析入門 (社)発明推進協会 東京
8/21 技術に携わる人のためのケースに学ぶ契約入門 (社)大阪発明協会 大阪
8/22 開発現場の知財力UP講座 日本パテントデータサービス(株) 東京
8/22 ビッグデータ時代の研究開発におけるマーケティングデータ解析と活用法 (株)情報機構 東京
8/22~(全8回) 特許和英翻訳講座ー電気・電子工学編 (株)知財コーポレーション 東京
8/25 必ず予算化できる新規研究開発テーマの設定法 (株)情報機構 東京
8/26 中小企業にとっての意匠セミナー(外国編) 東京都知的財産総合センター 東京
8/26 特許情報検索法(侵害予防調査) 日本パテントデータサービス(株) 東京
8/26~ 平成26年度(第42期)知的財産権研修 本科コース プラクティス(実務)コース (社)発明推進協会 東京
8/27 実務に即した欧米特許情報検索の基礎 日本パテントデータサービス(株) 東京
8/27~(全8回) 特許和英翻訳講座ーバイオテクノロジー編 (株)知財コーポレーション 東京
8/27 「デジタル情報時代における個人情報の戦略的「活用」と営業秘密の「保護」」 (社)大阪発明協会 大阪
8/27 オープン・イノベーション時代の戦略思考と実践ノウハウ (株)情報機構 東京
8/28 JP-NETの実践的活用法 日本パテントデータサービス(株) 東京
8/28 前田知財塾 ~実務基礎編~「意匠」 前田特許事務所 東京
8/29 新・特許異議申立制度の解説 (社)経済産業調査会 大阪
8/29 知財人材育成の実際 TechnoProducer(株) 東京
8/29 前田知財塾 ~入門編~「知的財産の基礎知識」 前田特許事務所 大阪
9月
9/2 新・特許異議申立制度の解説 (社)経済産業調査会 東京
9/2 事業を有利にするための特許対策 日本パテントデータサービス(株) 東京
9/3 特許情報の徹底活用 日本パテントデータサービス(株) 東京
9/4 開発者のための知財啓蒙活動 日本パテントデータサービス(株) 東京
9/4 特許明細書の書き方 前田特許事務所 東京
9/10 電気機械特許調査 日本パテントデータサービス(株) 東京
9/10 強い特許を創出するための「発明のヒアリング方法とまとめ方」 日本アイアール(株) 東京
9/11 特許調査の基本とその評価 日本パテントデータサービス(株) 東京
9/17-18 特許情報解析 日本パテントデータサービス(株) 東京
9/25 前田知財塾 ~実務基礎編~「商標」 前田特許事務所 東京
9/25 欧米特許調査の基本アプローチ法 日本パテントデータサービス(株) 東京
10月
10/2-3 CRIC著作権ビジネス講座 (社)著作権情報センター 京都
11月
11/6 第9回ビジネスマッチ東北2014 (社)東北ニュービジネス協議会ほか 宮城
11/29-30 第12回年次学術研究発表会 (社)日本知財学会 東京
11/30 知的財産管理技能検定第19回 (指定試験機関)(社)知的財産教育協会 全国20地区